航空保安施設とは
HOME > 航空保安施設とは > 航空保安施設の役割

航空保安施設の役割

航空機は航空保安施設を利用して飛んでいます。 

 旅客機などの航空機は、自由に飛行しているように見えますが、航空保安施設から発射される電波によって作られる空の道を飛んでいます。
 また、空港に着陸するときにも航空保安施設を利用しています。
 通常、航空機は管制官の指示に従って飛行しています。
 管制官が航空機間に安全な間隔をとらせたり、スムーズな航空交通の流れを作り出すことを航空管制といい、通信装置やレーダーなどの航空保安施設を利用して、適切な指示を出しています。