業務紹介
HOME > 業務紹介 > 保守点検

保守点検

航空保安施設の保守点検

(1)航空交通管制機器等の航空保安施設の保守点検

 この事業は、航空機の安全かつ円滑な運航に直接影響を及ぼすものであるため、保守に携わる技術職員には電波法に定められた無線従事者資格及び航空保安施設を扱う専門能力が求められます。
 当センターの技術職員はこれらの資格要件を有していることから、航空保安施設の保守業務を実施し得る民間機関として、平成13年度以降この業務を受託し、各保全事務所において、適確に実施しています。
 なお、仙台空港、東京国際空港、福岡空港、鹿児島空港及び那覇空港の各空港保全事務所においては、これらの空港に設置されている機器の保守だけでなく、管轄の周辺空港等に設置されている機器の保守も行っています。

(2)各種研修・訓練の実施の体制

 この事業を的確に実施するため、独自に各種研修・訓練体制を整え、常に技術職員の技能維持・向上を図り、新しい機器が導入された場合においても対応できる体制を整備しています。

(3)安全管理体制

 この事業の重要性に鑑み、弊社では品質管理の国際規格である「ISO9001」の認証を取得し、これに基づく品質マネジメントシステム(QMS)を構築して常に業務の継続的改善を図り、保守品質の向上に努めています。